癌完治に免疫細胞療法|脳梗塞から我が身を守る手段|ドロドロ血液になる前に
カウンセリング

脳梗塞から我が身を守る手段|ドロドロ血液になる前に

癌完治に免疫細胞療法

レディー

癌性胸膜炎は、癌細胞が播種状にばらまかれ、肺に水が溜まる状態ですから、一般的には余命半年から1年程度と告知され、呼吸が苦しくなったり胸に強い痛みを感じたり、咳こんだりするなど痛々しい状況です。それを見ると余命宣告を受け止めざるを得ない進行癌であると諦めてしまいがちです。手術も抗生物質も効果がない状態でお手上げということですから当然です。しかし、先進医療は常に高度化し、特に自分の身体の一部から作る免疫細胞療法においては、癌性胸膜炎すら治癒させることが可能になってきています。癌の種類によって適した免疫細胞療法は異なりますので先進医療を行っているクリニックの中でも癌性胸膜炎に効果のある先進医療を行っているところを探し、セカンドオピニオンとして診察を受けることが大事です。それをしないで諦めてはいけません。

免疫細胞療法は、癌患者の持つ免疫細胞を体外に取り出して培養し、活性化させて体内に点滴で戻すという療法です。免疫細胞の力の低下を防ぎ、免疫力強化により癌細胞の進行を阻止するので、癌性胸膜炎で余命宣告を受けていても期待できる治療法です。中でも細胞の培養がしやすい活性化リンパ球療法から更に進化したNK細胞療法が現れ注目されています。癌細胞を素早く発見し殺傷するNK細胞を高活性化培養して体内に戻す治療で癌性胸膜炎による余命宣告も拭える可能性が大いにあります。また、癌細胞を取り出し覚えさせることで癌だけを攻撃させる樹状細胞療法も治療効果が現れていますし、諦めないことで癌に勝った人も多くいますので、試す価値は十分にあります。