医者

脳梗塞から我が身を守る手段|ドロドロ血液になる前に

癌完治に免疫細胞療法

レディー

この免疫細胞は癌細胞をしっかり見極めるので正常細胞にダメージはなく、一般的な癌治療と違い、身体に優しい治療と言えます。何も施しようがなくなった癌性胸膜炎にこそするべき治療とも言えるでしょう。癌性胸膜炎の免疫細胞療法の治療実績が数あるクリニックを見つけて相談をしてみましょう。

脳の血栓の予防

医者

脳の病気

脳血管に血栓ができて血流が詰まったり、あるいは何らかの原因で脳の血流が正常の20パーセント以下に低下することがあります。この血流の低下により、脳組織が必要とする酸素や栄養分が欠乏したり、不足したりすることにより、酸素欠乏や栄養分不足の状態がある程度の時間続いてしまうと、その部位の脳組織が壊死、すなわち梗塞してしまった症状を脳梗塞といいます。この脳梗塞は、血管が動脈硬化により次第に細くなっていき最終的に詰まってしまうことにより引き起こされる脳血栓症と血管でできた血栓が剥がれてそれが脳に流れて詰まってします脳塞栓症に区別されます。症状としては、意識障害、麻痺、手足や顔面の感覚異常、言語障害、健忘症、視野狭窄などがあります。いずれも脳の障害により引き起こされる症状ですので、早急な対応が必要です。

血栓系病気の予防

脳梗塞の要因はいろいろありますが、血液の循環を確保することが予防のポイントです。血栓ができて血管が詰まらないようにするためには、ドロドロの血液をサラサラにすることです。タマネギやニンニクは普段からよく使われる食材ですが、これらの食材には血行をよくする働きがあります。また、鯖や鰯などの青魚に含まれるDHAやEPAも血液のドロドロ化を防止してくれます。赤ワインなどに含まれるポリフェノールも抗酸化作用がありますので、血管の老化を防ぐ効果があります。これらは、生活習慣病の予防と同義で、健康に悪い生活習慣を改めることが脳梗塞だけでなく、他の病気の予防にもつながります。適度な運動、禁煙、減塩など、生活習慣の改善が重要です。

長引く咳に注意

カウンセリング

胸腺腫瘍は、胸骨の裏に位置している小さな臓器に腫瘍ができることを言います。自覚症状が少ない為、健康診断などの胸部X線検査で発見されることが多いようです。長引く咳が続いている、呼吸困難などがあるという場合には疑ってみる必要があります。

健康を取り戻すために

医者

梅田クリニックでは法定健診や人間ドッグといった健康診断が行われており、もし体に異常が見つかったときでも精密検査が実施されます。また、男性向けのED治療や女性向けの生理不順治療も行われており、これらはプライバシーが守られているようです。